坪単価とは?計算方法と基礎知識 事前に損を回避する1つの準備!

 

坪単価とは?計算方法と基礎知識
事前に損を回避する1つの準備!

 

更新日:

この記事では、家を建てようとしている方に、坪単価について解説しています。

坪単価の計算方法や、同じ場所でも同じ条件でも建築費を抑えられる方法もご紹介します。

家を建てたい人は、知らないと損してしまう可能性があります。

坪単価とは?簡単に解説

坪単価は、家を建てる時の1坪(タタミ2畳分/約3.3㎡)あたりの建築費を算出したものです。

基本的に「建物の本体価格」を「延床面積」で割った数値のことをいい、 家を建てる時の金額の目安として参考にします。

坪単価の計算方法

家の本体価格÷延床面積(建物の床面積の合計)=坪単価

例えば、本体価格が3000万円で延床面積が100坪の家であれば、
3,000万円÷100坪=30万円坪単価は30万円になります。

坪単価=総建築費は間違い?

坪単価で誤解されがちなのが、「坪単価=家を建てるすべての費用」と勘違いしてしまう点です。

坪単価はあくまで建物の本体価格で、設備費や税金は含まれていないので注意が必要。

勘違いしたまま、メーカーから提示された坪単価だけをみて「これなら費用が安いから建てられる」と判断をするのは危険です。

諸経費などを含めた総工費がいくらになるのか、事前に確認しておきましょう。

坪単価は「延床面積」ではない場合も!

一般的に、坪単価は建物本体の建築費を延べ床面積で割った金額です。

ですが、まれに施工床面積で坪単価を計算しているメーカーや工務店も存在します。

施工床面積

ベランダやポーチなど延べ床面積に本来含まれない部分を含んだ計算方法

施行床面積で坪単価を計算した場合、延べ床面積よりも数字が大きいため、建築費を割った際には坪単価が安くみえます。

ただ、実際にかかる建築費には変わりはないため、家が建った後で思ったよりも高くついたという印象を受けることも。

家を建てたいと思ったら、いろいろなメーカー・工務店から資料をもらい、坪単価や延べ床面積を比較してみましょう。

坪単価の建築費の比較に便利な無料サービス

坪単価はメーカーの算出方法によって変わるけど、調べ方がわからない…

という人は、無料の一括資料請求サイトを活用してみましょう。

数あるサービスの中でも、是非使って欲しいのが、
間取り依頼や家の相談が、完全無料で出来るタウンライフ家づくりです。

タウンライフ家づくり

このサービスのすごい所は
厳選されたハウスメーカーが、希望にあった間取りプランを提案してくれるところです。

えっ!…でも有名じゃないメーカーばっかなんじゃない?

と、思うかもしれないですが大手住宅メーカーからもちゃんと提案がもらえます!

大まかな希望間取り・資金計画・地域を入力するだけで、簡単に依頼できるので、家に居ながら家づくり計画でできちゃいます。

こんな事ができる!
  • 多くの会社の提案が比較できる
  • 費用面もじっくり考えられる
  • 急がず色々決められる
  • 全部無料で使える
  • 気に入らなければスルーOK

これなら、提案された見積もりが高いのか安いのか、間取りや予算計画は適切なのか簡単に比較することができます。

\理想のマイホームの第一歩/
希望条件で見積りを出してみる
24時間OK!・完全無料!

(完全無料)たった3分!
住宅メーカーの間取り・費用の比較⇒

実際にタウンライフを利用した方の声を聞くと満足されている人が多かったです。

タウンライフ家づくりの口コミ

M.Yさん<br>30代男性
M.Yさん
30代男性

費用に合う所だけだったので参考になった!


坪単価ってなんだろうというぐらいの状態で実際に使ってみたんですが、坪単価だけでなく総費用がどれくらいかかるのかが分かり、非常に参考になりました!


住宅展示場では、かなり坪単価が高い所で、相手にされず嫌な思いしたので…担当の方がより親切に感じました。

家の相場を知りたかったので利用


家を建てるか迷っている時、自分の地域でどれくらいの費用か知りたく、タウンライフを利用。


住宅メーカーの方から連絡が来た時に、相場が知りたかっただったので。と伝えたら、愛想よく対応してくれて。その後営業電話もなかったです。本当に家を建てる時にも利用したいと思いました。

こんな人にタウンライフはおすすめです!

  • マイホーム計画を立てたい方
  • 忙しくなかなか時間が取れない方
  • 複数のハウスメーカーを比較したい方
  • 理想の間取りの費用が知りたい方
  • 土地探しから依頼したい方

タウンライフなら、一箇所で全部の希望を叶えることができます!

\じっくりいろいろ比較できる!/
希望間取り・費用を比較!
頼むだけでもOK!

他の家づくりサイトを比較

タウンライフ以外にも、家づくり・無料の資料請求サイトはあります。

ただタウンライフのように、間取り図や資金計画、土地探しサポートまでしてくれるところは今のところありません。

タウンライフスーモライフルホームズ
カタログ
資金計画××
間取り図××
土地探し××

住宅ローンの金利が安い今。家建てるチャンス!

家を建てる時に、9割以上の人が住宅ローンを組むと思います。

金利が安い今はチャンス

2020年の現在でも超低金利が続いています。年利0.5%くらいで借り入れが可能なので、住宅ローン控除で年1%戻るのでお得。

景気が上向いてきた頃に、徐々に住宅ローンに金利も上がってくるので、今が家を建てるのに絶好の時期

タウンライフで情報収集から始めよう

  1. 完全無料
  2. 入力はたったの3分で依頼完了
  3. 複数ハウスメーカーに一括間取り作成が可能
  4. 建てる場所・間取りの各社 費用比較が簡単
  5. 「家づくり」の小冊子が毎月先着で貰える

より多くの選択肢にするために、タウンライフをまず使ってみてください!

\今の時期はお家で情報収集/
希望間取り・費用を比較!
完全無料で賢く比較!

いまなら「成功する家づくり7つの法則」無料でGET!!

タウンライフでは毎月先着99名限定で「成功する家づくり7つの法則」という冊子(PDF)が無料でもらえます!

行政(国や自治体)がやっている補助金・助成金・減税などの支援制度の情報など、家を建てる人に役立つ情報がたくさん!

これがもらえるだけでも利用する価値はあります!PDFなのでスマホでも読めます!

\無料冊子を受け取る/
いますぐ依頼してみる!

 

運営者情報

 
タイトルとURLをコピーしました