家を住み替えるなら売り先行ですべき!その理由と最高額で不動産を売却するためにすべきこと!

家を住み替えるなら”売り先行”ですべき!その理由と最高額で不動産を売却するためにすべきこと!


持ち家がある方なら、一度は住み替えを検討したことがあると思います。

  • 子供が大きくなり家が手狭になった
  • 家の老朽化が進んで住み替えたい
  • 周辺の住環境を改善したい
  • 転職や転勤でいまの住まいが変わるため
  • 二世帯住宅を建てるため

など、住み替えを考えるきっかけはさまざまですが、ほとんどの人が悩むのが…

新居購入を優先するか、今の家の売却を優先するか?

住み替えの場合、「持ち家を売ること」と「新居を買うこと」2つの不動産取引がセットで必要なため迷うんですよね。

結論を先にいうと、今の家の売ることを優先することをおすすめします!

理由は下記にまとめた、買い先行型と売り先行型のメリット・デメリットをみれば分かります。

買い先行のメリット・デメリット

新居を先に購入してしまう買い先行は、いまの家の売却金を新居購入に充てる事ができないため、前提として資金に余裕がある人向け。

メリットとしては、いまの家から新居に直接引越しができるため、仮住まいの準備が不要で引越しも1度で済むこと。

また新居を決めたあとに持ち家を手放すので、新居探しにじっくりと時間をかけられる点もメリットですね!

デメリットは、持ち家に住宅ローンが残っている場合、新居の住宅ローンと両方の支払いが必要なため、多額の資金が必要になるというです。

売り先行のメリット・デメリット

売り先行の場合、一度仮住まいに引っ越して、持ち家を先に売却するため、持ち家の売却金を新居購入の資金にできます。

売り先行のメリットは、新居の資金をあらかじめ確保できる点と、じっくりと時間をかけて持ち家を売却できる点です。

デメリットは、持ち家から仮住まいへ引っ越しをして、その後新居へ引っ越すため引っ越しの回数が2回になる点です。

ご説明した通り、買い先行と売り先行どちらもメリット、デメリットがありますが結局どちらを選べばいいのでしょうか

住み替えするなら「売り先行」がおすすめ!

住み替えを検討しているなら売り先行をおすすめします。

売り先行なら、新居購入の資金計画、住宅ローンが残っているなら売却金でいくら相殺できるのかといった計画を立てやすくなります。

買いを先行だと、家が売れないリスクが伴い、売れなかった場合二重ローンに苦しむ可能性もあります。

なので今の家が売れる目途が立った上で新居購入の計画を進める方がおすすめです!

住み替え前に今の家の最高額を知る方法

売り先行で住み替え計画を進める際に、はじめに行うのが不動産の査定です。

不動産売却の大まかな流れ

今の家がどのぐらいで売れるのか、最高いくらで売れるのか不動産会社に査定しもらう必要があります。

そんな時、今の家の最高値をチェックするために便利なのが、下記の無料一括査定サービスです。

  • 住所
  • おおよその築年数や間取り・面積

を60秒ほどで入力するだけで簡易査定結果を知れる無料サービスです。
査定だけで業者にあうことはありません。

最大6社の不動産会社から簡易査定してもらえます。

>>【完全無料】持ち家の価格を調べる

一括査定!するかしないかで500万円以上の損をする可能性が…

上段でご紹介した一括査定ですが、かなりの人が使わない事が多いんです。

ですが、一括査定の60秒をケチったばかりに500万円以上も損する可能性もある大事なことなんです。

大切な家を売る際は、1社の評価額で売却を決めず、複数社に査定依頼をして比較する事が重要です。

その理由は、査定価格は不動産会社によって違うため!

あなたの物件が不動産会社の不得意分野だった場合、低い価格で買取りをして早く売り抜ける会社。

得意分野だから必ず売れると、高めの価格で査定をしてくれる会社もあります。

この得意分野の違いだけで数百万円も査定結果が変わるんです。

売るか売らないかは別として、最低でも3社に査定してもらったうえで比較する事が不動産売却では重要です。

簡易ではありますが、無料なので試しに一括査定に出してみる事をおすすめします。

>>【完全無料】持ち家の価格を調べる

タイトルとURLをコピーしました