相続登記とは?大損しないためにやっておくべき1つの準備

 

相続登記とは?
大損しないためにやっておくべき1つの準備

 

更新日:

今回は相続登記について解説します。

相続登記後に相続トラブルが起こるケースもあるので事前準備が必須になります。

相続登記とは

相続登記とは、不動産の所有者が亡くなり相続が発生したときに、不動産の名義を相続人に名義変更する手続きのことです。

相続登記の申請をすれば、不動産の所有名義が被相続人から相続人に変わります。

期限と注意点

法律上、相続登記は行わなければならない期限や罰則はありません。

ただし相続登記で名義変更ができていない場合、家の売買など手続き全般がおこなえせん。

後述しますが、相続登記を行っていないと相続人同士でもめる可能性があります。

そのため、できる限り早めに、相続登記での名義変更が必要です。

自分で行うことも可能

相続登記は自分で行うことも可能です。

ただその場合、戸籍集めや遺産分割協議書作成を全て自分で行う必要があり、時間と手間がかかります。

さらに相続関係が複雑、近くに法務局がないなど手続きが複雑なケースもあるので、時間に余裕がない方は司法書士へ依頼することがおすすめです。

相続登記の費用

ほとんどの司法書士が依頼額約6万円ほどになります。

つまり、司法書士へ依頼する場合で総額10万〜15万円ほど、自分で行う場合で総額4〜10万円ほどのケースが多いです。

司法書士に依頼する場合

  • 依頼額:6万円
  • 登録免許税:4万円(※固定資産評価額1000万円の場合)
  • 戸籍1通:450円
  • 除籍・原戸籍1通:750円
  • 住民票1通:300円
  • 登記事項証明書1通:500円


   合計:102,000円

自分で行う場合

  • 登録免許税:4万円(※固定資産評価額1000万円の場合)
  • 戸籍1通:450円
  • 除籍・原戸籍1通:750円
  • 住民票1通:300円
  • 登記事項証明書1通:500円


   合計:42,000円

司法書士へ依頼する場合でも自分で行う場合でも、登録免許税が必要になります。

登録免許税は固定資産評価額の0.4%ですので、たとえば相続する不動産の評価額が1,000万円の場合、4万円になります。

ですが、相続登記時の登録免許税の計算のためだけでなく、登記後の相続金トラブルを防ぐためにも、査定は早めに行っておくことをおすすめしています。

相続登記者が大損しないために必要なたった1つの事

相続登記で不動産の所有名義になる方が、遺産分割協議をする前にしておくべきたった1つの事
それは、家の価値を知っておくことです。

遺産分割の場合、家を分割することはできないのでモメた際は

故人の家を売却した売却額を分割する
という条件で決着するケースがほとんど。

ここが実は落とし穴で、
家の評価額と自分の取り分を理解しておかないと他の相続人の良いように勝手に分配されてしまいます。

なぜ他より先に、家の価格を知らないと大損するのか?

家の価値を知らないと大損する理由は、遺産分割協議の多くは話し合いで終わることがほとんであるため。

もし誰か不動産に詳しい人がいれば、その人の言い値で遺産分割が決めることになります。

他の相続人が評価額を知っているのに嘘の評価額を伝え、言われたとおりに合意して遺産分割してしまうと大損します。

その理由は家の評価額は査定する不動産会社によってバラバラなため。

不動産会社ごとに得意分野が異なるため、1つの不動産でも数百万の価格差が生まれることもあります。

この不動産会社による評価額の違いを利用して、自分の取り分を多くするため、嘘の評価額を伝えてくる可能性があります。

※注意※

実際に、事前に家の査定を行い実際の評価額を把握しているのに低い評価格を伝えていたというケースが存在します。

そのため、相続の対象になる不動産の価格を先に調べて知っておくことが大切なんです。

なにもせず不動産評価額を知らないでおくと…

結局モメて裁判になり100万~200万の費用がかかる上、遺産分割協議に1年以上かかることになりかねません。

また

  • 弁護士・司法書士に相談する
  • 遺産分割協議書に分割金額を記載する

といった場合にも、自分の取り分を明記する事が必要になるため、家の評価額が必要になってきます。

『遺産分割協議書』には誰の遺産を誰がいくら相続人と分割を示す必要があるため、評価額を把握する必要があります。
下記の参考画像を参照

三井住友銀行:遺産分割協議書の参考例

遺産相続で分割協議をする場合はもちろん、突然その時が来た時のために、
不動産の評価額を調べておくことで、スムーズな相続ができます。

今のうちに不動産会社の専門家に査定してもらっておくと安心です。

ただ注意点として、1社〜2社ではなく、少なくとも3社以上に査定してもらい最高額がいくらなのか比較をしましょう。

効率よく不動産の評価額を調べる方法

実際に不動産や何軒も訪ねて、査定依頼を出してとするのは大変で、手間と時間がかかかります。

そんな時に、家の評価額を把握するのに役立つのが、不動産一括査定サービスです。

中でも、おすすめなのが不動産一括査定サイト「イエウール」

パソコン・スマホさえあれば、どこでも無料で家の評価額を調べる事ができます。

  • 持ち家の住所
  • おおよその間取り・面積と築年数
  • 名前と年齢

を入力をするだけで、あとは待ってれば簡易査定結果を知る事ができます。
業者に会うことはありません。

このサービスのすごいところは、
全国1,600の不動産会社を競わせて、買取の最高額を教えてくれるところ

イエウールで不動産のおおよその築年数・間取り・住所等を入力すると、提携している不動産に物件情報が送られます。

そうすると、物件を買取りしたい不動産会社が他社に物件が取られないよう、少しでも高い金額を提示。

不動産会社が競ってくれるので最高価格が出るんです。

しかも査定に必要な情報は住所・敷地面接・建物面積・間取り・築年数のみ。
正確に分からなくて、おおよその情報で査定の最高額を算出してくれます。

【完全無料】たったの60秒!
イエウールの家の価格を調べる

すぐに家は売却しないけど「いつか売りたい!」「評価額を知りたい!」場合でも、住所さえ分かれば利用可能です。

もちろん、査定依頼したことが他人にバレることなく調べる事ができます。

イエウールで持ち家の価格を調べる

利用者の口コミ

両親が住んでいるマンションについて相談され、評価額を知るために利用しました。できるだけ高額で売れる不動産屋さんを探していました。

1分程度で入力後、メールにて5社から査定額をもらえました。

会社員/45歳/大阪府在住

遺産相続で親族感で揉め事になり、正規の不動産価格を知るためにイエウールを利用しました。もっと早くやっていれば嫌な思いをせずに住んだなと後悔しています。

すぐに査定額を知りたい人に良いサービスだと思います。

会社員/52歳/埼玉県和光市在

こんな人にイエウールはおすすめ

  • 持ち家を最高価格で売却したい方
  • 買い手を早く見つけたい方
  • 離婚で今の持ち家の価値を知りたい方
  • 財産分与で損したくない方
  • 不動産の査定額見積もり比較したい方

簡単たったの60秒で依頼できます。

24時間・全国対、調べるだけでもOK

2021年以降の売値には注意が必要

不動産の価値が高く売れるのは、2021年のオリンピック前までと言われていて、不動産の価値は下落する予想。

コロナショックも重なって、今後さらに下落する可能性もありタイミングが大事になってきています。

タイミングを逃してしまうと、家の価値はどんどんと下がる一方なので、

家を売りたい人はもちろんですが、すぐに売る気がなくても損をしないように、家の価値を把握しておきましょう。

  1. 厳しい審査を通過した優良会社が競い不動産の最高額を提示
  2. スマホで60秒、完全無料サービスなので一切お金は掛からない
  3. 実際に売らなくても、家の価格を調べるだけでもOK

便利なサービスなので、イエウールを使って家の価格を把握しておきましょう。

簡単60秒・完全無料

タイトルとURLをコピーしました