肌質や悩みのタイプ別!洗顔料の人気おすすめランキングを一挙紹介!【2018年版】

洗顔料の人気おすすめランキングを一挙紹介!【2018年版】

洗顔料は多く販売されていて、何を基準に選べば良いかわからない!自分に合うものが分からない!なんて悩んでいませんか?

それに、とりあえず合いそうなものを使ってみても、「毛穴や黒ずみがなかなか改善されない」「ニキビがケアできていない」などの悩みが出てくることもありますよね。

誰もが憧れる美しい素肌を手に入れるためには、年齢や肌質、肌トラブルの悩みなどに合わせて、毎日使っている洗顔料を見直すことが大切。

また、洗顔は毎日行うものなので、予算に合った洗顔料を選ぶことも無理なく使い続けていくポイントです。

今回は、肌質・肌トラブルの悩み・年代・コスパなどのタイプ別に分けて、人気のあるおすすめの洗顔料をランキング形式でご紹介していきます。

洗顔料の選び方や正しい洗い方もご紹介するので、是非お気に入りの一本を見つけて正しくお肌をケアする参考にしてみてくださいね!

洗顔料の種類は豊富!それぞれの特徴を知ろう

洗顔料には、固形タイプ・クリームタイプ・泡タイプ・リキッドタイ・パウダータイプなどの種類が存在し、それぞれ以下のような特徴があります。

固形タイプ

油脂とアルカリなどの天然成分を基本に作られている洗顔料。汚れを落としやすく、すっきりと洗浄してくれるというメリットがありますが、泡立てに時間がかかるというデメリットもあります。

クリームタイプ

泡立てやすく使いやすい洗顔料として、市販されている洗顔料で最も多いタイプ。チューブや容器に入っており、衛生的に保存でき、保湿成分や美容成分が含まれていることが多いです。

泡タイプ

最初から泡立った状態で出てくるため、忙しい人には便利なタイプ。短時間でスピーディーに汚れを落とすことができますが、泡立ちを良くするための成分が添加物として含まれていることが多いため、肌に負担がかかります。

リキッドタイプ

水分が多く含まれている液体状のタイプで、プッシュするだけで必要な分を使うことができるため、便利です。また、洗浄力が強いことが多く、敏感肌や乾燥肌よりもオイリー肌向きと言われています。

パウダータイプ

石鹸を粉末状にしたタイプのもので、余分な添加物が含まれておらず、低刺激なのが特徴。

洗顔料と一口で言っても、このようにさまざまな種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

例えば、「泡タイプは泡立てる必要がないから使いやすそう」という理由だけで選んでしまうと、乾燥肌や敏感肌の人の場合には肌荒れやニキビなどが起こる恐れがあります。

それぞれの特徴を理解するとともに、含まれている成分も注目するようにしましょう。

自分に合う洗顔料を見つける4つのポイント

洗顔には、汗や皮脂、古い角質などの汚れを取り除いてターンオーバーを正常にしたり、スキンケアのベース作りをしたりするなどの大切な役割があります。

しかし、自分に合わない洗顔料を使い続けてしまうと、肌トラブルの原因となり、これらの役割が果たせなくなってしまいます。

そのような状態を防ぐために、まずは、数ある洗顔料の中から自分に合うものを見つけるための4つのポイントを確認していきましょう。

①自分の肌質を理解して適したものを選ぶ

肌質には大きく分けて普通肌・オイリー肌・乾燥肌・敏感肌・混合肌の5種類があります。
自分の肌質を知らずに洗顔料を選んでしまうと、皮脂と水分のバランスが崩れてしまい、思わぬ肌トラブルを起こす恐れがあるため注意が必要。

肌タイプと一緒に、どのような洗顔料が良いのか確認してみましょう。

皮脂の分泌量が通常の普通肌

→基本的にはどのタイプの洗顔料でもOK

皮脂でテカりやすくべたつきやすいオイリー肌

→洗浄力が良く保湿成分が含まれているものがおすすめ

肌の皮脂の分泌量が少なくカサカサしている乾燥肌・少しの刺激でも過剰に肌が反応してしまう敏感肌

→洗浄力が強くて刺激が強いものは避けて、保湿成分やバリア機能サポート成分が含まれているものがおすすめ

乾燥した部分とテカりやすい部分が混ざった混合肌

→毛穴奥の汚れを落とすとともに、皮脂と水分のバランスを調整してくれる成分が含まれているものがおすすめ

オイリー肌の場合、「皮脂が多いのだから取り除かないと」と洗浄力が強いものを選んでしまいがちですが、取り除きすぎると潤いを取り戻すために、肌が新たに皮脂を過剰に分泌する原因となるので注意が必要。

そのため、洗浄力が強いだけでなく、保湿成分が含まれているものを選ぶと、皮脂を取り除きながら肌への潤いを与えることができます。

ここで、自分がどの肌質かわからないという場合には、洗顔後5分程度何もつけずに放置して洗顔後の肌の様子を確認するという、お家でできる簡単なセルフチェックをしてみましょう。

特に変化がない場合には普通肌、全体的にカサカサしたら乾燥肌、べたつきを感じるようならオイリー肌、Tゾーンなどは皮脂が多いのに部分的にはカサカサしている場合には混合肌の可能性があります。この方法ではわかりにくいという場合には、化粧品売り場の方に相談して、皮脂や水分量をカウンターで測定してもらいましょう。

②肌の悩みに合ったものを選ぶ

毛穴や黒ずみ、ニキビ、肌にハリやツヤが足りないなどの年齢肌が気になる場合は、それぞれの悩みに合った洗顔料を選ぶことが大切。

毛穴や黒ずみ

毛穴の奥から洗浄するためにクレイやスクラブが含まれた洗顔料がおすすめ。

ニキビや大人ニキビ

炎症を抑える成分が入ったニキビ専用の洗顔料がおすすめ。

年齢肌

ターンオーバーが正常ではなく、部分的や全体的に乾燥しやすい肌のため、基本的にはプラセンタやセラミド、コラーゲンなどの保湿成分が含まれた洗顔料を使うのがおすすめ。また、顔の印象が暗く見えたり、くすみが気になったりする場合には、角質ケアもできるものを選ぶと良いでしょう。

どの場合も洗う時にはしっかりと泡立て、敏感肌や乾燥肌の方は肌に刺激の少ないものを選ぶようにすると、新たな肌トラブルを作るのを避けることができます。

③肌に負担をかける添加物が入っているものは避ける

敏感肌や乾燥肌の方の場合、肌のバリア機能が弱まっているため、洗顔料に含まれている添加物で肌荒れやニキビなどの肌トラブルが起こる可能性があります。

そのため、アルコールや香料、着色、鉱物油などのお肌に負担をかけやすい添加物が含まれているものはできるだけ選ばないようにしましょう。特に、酸化防止や殺菌目的で使われていることが多いサリチル酸やBHTといった成分は刺激が強いため、使用中や使用後に赤みが出たり、ピリピリしたりすることがあるので注意が必要です。

一方で、弱まったバリア機能をサポートしてくれるセラミドや、保湿効果の高いコラーゲンやヒアルロン酸、コエンザイムQ10などが含まれているものは、肌の水分量をキープするのに必要となりますので、取り入れた方が良い美容成分です。

④使い続けやすい値段のものを選ぶ

洗顔料を選んでいる際、「高い物の方が効果はあるのかな…」と思ったことはありませんか?しかし、いくら値段が高くても自分の肌質や悩みに合っていなければ意味がありませんし、予算よりも高すぎるものは使い続けにくく、途中で断念することも可能性もあります。

1000円以下の洗顔料でも使いやすく、効果が高い物は多くあります。選ぶ際には、自分の中の価格設定に合ったものを選び、毎日洗顔を続けるようにしましょう。

敏感肌や乾燥肌にはこれ!おすすめの洗顔料BEST3

まずは、何かと肌トラブルを感じやすい敏感肌や乾燥肌のおすすめ人気ランキングBEST3から発表していきます。バリア機能を守るために、保湿成分がきちんと配合された洗浄力が程よいものを選ぶようにしましょう。

第1位 d プログラム コンディショニングウォッシュ

肌に余分な負担をかけずに滑らかに洗い上げ、健康的な肌に導いてくれる洗顔フォームです。美しい肌を手に入れるために不要な皮脂や汚れをしっかりと取り除き、洗顔後の肌につっぱり感を与えず、ざらつきや毛穴の目立ち、ニキビなどの肌トラブルを防いでくれます。

古い角質なども取り除いてくれるため、ターンオーバーを正常にし、使うたびに健康的な美しい素肌に整えやすくなります。

第2位 カウブランド 無添加うるおい洗顔

着色料や鉱物油、アルコールなどの添加物が無添加で、植物性のアミノ酸系洗浄成分が配合された肌に優しく使える洗顔フォームです。しっかりとした洗浄力がありつつ、乾燥しにくい処方になっているので、敏感肌や乾燥肌の方でも使いやすいと人気があります。

また、保湿成分としてセラミドも配合されているので、潤いが不足しがちな肌もしっかりと守ってくれます。

第3位 POLA モイスティシモ ウォッシュ

保湿成分黄連エキスやサクラエキスなどが配合されており、乱れた角層を健康的に整え、美しい素肌をキープしてくれる洗顔フォームです。特徴は、素早く泡立ってもっちりとした濃密泡を作れるため、細かなところまで汚れを優しく落とせるところ。

洗い上がりはしっとりモチモチとした柔らかい肌に整えてくれますし、着色料などが使用されておらずアレルギーテスト済みの低処方なので、敏感肌・乾燥肌の方でも安心して使うことができます。

毛穴や黒ずみを目立たなくするおすすめの洗顔料BEST3

毛穴の広がりや毛穴に詰まった角栓などの黒ずみが気になる方には、毛穴汚れを取り除きながら、保湿成分が含まれている洗顔料がおすすめです。ここでは、肌に必要な潤いを残したまま、優しく毛穴をケアしてくれる優秀な洗顔料BEST3をご紹介します。

第1位 コスメデコルテ クレイ ブラン

余分な皮脂や汚れを取り除くホワイトクレイを配合しており、毛穴の目立たない透明感のある肌に導いてくれます。また、5種類のオーガニック植物抽出エキスなどの保湿成分もたっぷり配合されているため、洗顔後の洗い上がりはしっとり。

毛穴の黒ずみやざらつきのほかにも、くすみにも効果があるため、明るく清潔感のある肌を手に入れたい方にはおすすめのアイテムです。

第2位 ビーグレン クレイウォッシュ

微粒子の天然泥「モンモリロナイト」を配合しており、汚れや古い角質、毛穴に詰まった角栓などをしっかり吸着してくれる洗顔料です。細かい小鼻の黒ずみやあごのざらつき、毛穴の開きなどにも効果的で、健康的な素肌に導いてくれます。

また、天然泥にはミネラルや保湿成分もたっぷり配合されているため、必要な皮脂や潤いを保ちながら、しっとりとした洗い上がりに。使うたびに明るい弾力のある肌に驚かされる方が多い人気アイテムです。

第3位 ロゼット 洗顔パスタ 海泥スムース

ミネラル成分を多く含む海泥と植物エキスが配合されており、きめ細かい弾力のあるもちもちとした泡が余分な皮脂や汚れなどを絡め取り、取り除いてくれます。また、保湿成分として、ローズフルーツエキスを配合しており、黒ずみのない明るい肌としっとり潤い肌へ同時に導いてくれます。

無香料、無着色料、無鉱物油なので、肌への刺激が少なく、毎日の洗顔で潤いのある陶器のようなつるつる肌へ近づきます。

ニキビ対策・予防に!10代~20代のニキビケアにおすすめの洗顔料BEST3

余分な皮脂汚れなどが残りやすいオイリー肌の方はニキビに悩まされる方が多いでしょう。
テカリやニキビが気になる方は、皮脂汚れなどを綺麗に洗い流してニキビを防止してくれる洗顔料がおすすめです。

ここでは、肌に刺激を与えずに皮脂汚れをしっかり取り除いてくれる10代~20代のニキビケアにおすすめの洗顔料をランキング形式で3つご紹介します!

第1位 ファンケル 洗顔パウダー

潤いキープ洗浄成分αが肌本来の潤いを守りつつ、ニキビの元となる毛穴の汚れや余分な皮脂だけを取り除いてくれるため、さっぱりとしたつるつる肌に導いてくれます。また、角栓や不要な角層、過剰な皮脂をしっかり落としてくれるため、ニキビ以外にも、毛穴の黒ずみや毛穴の開きにもアプローチ。

また、防腐剤や香料、石油系界面活性剤などが無添加だから、肌への刺激が気になる敏感肌や乾燥肌、思春期の肌に最適です。

第2位 d プログラム コンディショニングウォッシュ

敏感肌や乾燥肌におすすめしたい洗顔料でも登場したコンディショニングウォッシュですが、不要な皮脂や汚れをしっかりと取り除いたくれるため、ニキビケアにもおすすめです。
保湿成分としては、潤いを守るココヤシ由来の植物性洗浄成分やキメを整える成分なども配合されているため、ニキビケアをしながら健康的な美しい肌へ導いてくれます。

洗顔後にかさつきやつっぱり感を感じず、洗い上がりもすっきりすべすべとしているのも魅力的です。

第3位 ルナメアAC ファイバーフォーム

「フェイバースクラブ」と呼ばれる植物繊維が毛穴の詰まりを優しく取り除くと同時に、潤いとニキビの有効成分をニキビの原因にダイレクトに届ける「アクネシュター」を採用した洗顔料です。

肌に刺激を与えるようなスクラブではなく、糸状の植物繊維がふわふわ変形しながらニキビの元となる古い各層や毛穴の詰まりを取り除き、滑らかな素肌に導いてくれます。10代の思春期ニキビにも、潤い不足で起こりやすい大人ニキビにも効果的なアイテムです。

エイジング効果も!30~40代におすすめ洗顔料BEST3

30代~40代は、肌の皮脂量や潤い成分が大きく低下してくるため、これまで使っていた洗顔料が合わなくなったと感じる方が多いです。30~40代におすすめの洗顔料は、保湿成分や美容成分がきちんと配合されており、古い角質を落としながらエイジングケアできるもの。

ここでは、潤いを与えながらエイジングケアもできる30~40代におすすめの洗顔料を3つご紹介します。

第1位 プリオール エッセンス洗顔料

エッセンスゼリーの優しい泡がくすみの元となる古い角質や余分な汚れを取り除いてくれるプリオールのエッセンス洗顔料。ツヤと潤いをキープしながら、透明感のある明るい印象の肌へ導いてくれます。

大人ならではの悩みを研究して生まれたアイテムで、年齢に応じた潤いによる手入れが簡単にできるため、しわやくすみなどの年齢サインも目立たなくしてくれますよ!

第2位 オルビスユー ブライトニングジュレウォッシュ

保湿成分たっぷりの泡立たない透明なジュレが古い角質や汚れを絡め取り、滑らかな透明感のある肌に導いてくれます。泡立てる必要なく、肌に優しくなじませて洗い流すだけで、各層の隅々まで潤いが満ち、一人ひとり違う肌の悩みを集中的にケア。

とろみのあるプルンとしたジュレは、少量でも十分伸びて使いやすく、しっとりとした使い心地に満足する方が多い人気アイテムです。

第3位 POLA Dソープ

糸を引くような粘り気のある泡が毛穴の汚れをスッキリ落として、透明感のある肌に整えてくれます。泡立てるのにも時間がかからず、ただ手のひらで転がすだけでOK。心安らぐようなブーケフローラルの香りが顔全体を包み込み、エイジングの兆候を感じた肌を補います。

また、保湿成分としてポーラオリジナルのゴールデンニームエキスやキイチゴエキス、大豆エキスなどの10種類を配合。潤い感を残したままに不要なものをしっかり「捨てる」という新発想で、冴えわたる美しい肌に導いてくれます。

プチプラで優秀な洗顔フォームの人気ランキングBEST3

洗顔料は、高い物から1000円以内のものまで幅広く販売されていますが、「安い=効果がない」わけではありません。高い品質を保ちながら、肌の悩みにしっかりアプローチしてくれるものが多く販売されています。

その中から、プチプラで優秀な人気のある洗顔フォームを3つランキング形式でご紹介します。

第1位 ビオレ スキンケア洗顔料 モイスチャー

35年以上肌と洗顔を研究し続けてきたビオレから発売されている「洗うスキンケア」がコンセプトの定番洗顔料です。不要な汚れや皮脂などを洗い落としながら、洗い上がりはしっとり滑らかで、化粧水のなじみや化粧のノリが良いと人気があります。

ニキビを防ぐタイプのものや乾燥肌の方向けのものなど、肌の状態に合わせて選べる5タイプを展開しており、肌の悩みを集中的にケアしやすいのも魅力的です。

第2位 無印良品 マイルド洗顔フォーム

自然由来の潤い成分としてオレンジ果汁を配合した濃密な泡が潤いをしっかりとキープしながらマイルドに洗い上げてくれる無印良品の人気洗顔フォーム。無着色、無香料、アルコールフリーで低刺激なので、肌への負担が心配な方でも安心して使うことができます。

また、携帯用として持ち運びやすいサイズも販売されているので、旅先や外出先でも使いやすくて便利です。

第3位 クレンジングリサーチ ウォッシュクレンジング

毛穴の汚れや古い角質、余分な皮脂などを肌に優しくしっかり洗浄してくれるAHA&スクラブ配合の使い心地の良い洗顔料です。1本持っているだけで、そのまま伸ばせばメイク落としに、泡立てれば洗顔料としての役割も果たしてくれるため、忙しい方にもおすすめ。

また、敏感肌にも対応している角質柔軟洗顔料なので、肌への刺激が心配な方でも安心して使用できます。黒ずみが気になる方やオイリー肌の方にも効果的に使えます。

コスパも効果も良し!1000円以下のコスパ重視洗顔料BEST3

ここでは、1000円以下でコスパが良いのに効果も高い洗顔料をランキングで3つご紹介します。毎日使う洗顔料だからこそ、コスパが良くて使い心地が良いものを選び、楽しく肌をケアしましょう。

第1位 ロゼット 洗顔パスタ アクネクリア

毛穴や黒ずみを目立たなくするおすすめの洗顔料でも登場したロゼットの洗顔パスタクレイシリーズの大人ニキビ対策のための薬用洗顔料です。

Wクレイと消炎・潤い成分を配合しており、きめ細かいもちもちとした泡が潤いをキープしながら皮脂や毛穴詰まりを洗い落とし、ニキビを防止してくれます。

第2位 ダヴ ビューティモイスチャー洗顔料

肌の悩みに合わせて5種類の洗顔フォームを展開しているダヴの人気洗顔フォームシリーズです。ダヴならではの潤い美容液ニュートリアムモイスチャーを配合しており、潤いのある弾む肌に導きながら、キメも整えてくれます。

キメ・テカリ・くすみ・敏感肌・潤いが欲しい方のための洗顔料というように5つの種類があるので、悩みに合わせたものを見つけやすいです。

第3位 カウブランド 無添加うるおい洗顔

敏感肌や乾燥肌におすすめの洗顔料としてご紹介したカウブランドの無添加うるおい洗顔も、実は1000円以内で購入できるコスパの良いアイテム。

植物石鹸と肌への負担が少ない植物性アミノ酸系洗浄成分から作られており、皮脂や汚れを肌に優しく洗い落とすことができます。

正しい洗い方でお肌をケアしよう

例え良い洗顔料を見つけたとしても、洗いすぎたり、洗い残しがあったりしては、新たな肌トラブルを作る原因となります。そのため、健康的な美肌を作るためには、正しい洗顔方法を身に付けることが大切。洗い方には自信があるという方も、再度おさらいしておきましょう。

①手をしっかり清潔に洗っておく

顔を綺麗にするには、まずは顔に触れる手を綺麗にしておくことから始まります。手に雑菌や汚れが付着したままだと、洗顔料が上手く泡立たないので大切なステップです。

②35度程度のぬるま湯で顔を洗い流して準備する

洗顔料を顔に付ける前に、まずはぬるま湯で顔をぬらしておきましょう。これ以上熱すぎると必要な皮脂まで洗い流してしまいますし、低すぎても顔に付着している汚れを取り除くことができないため、35度を基準に。

③泡立てネットなどを利用して洗顔料を泡立てる

すでに泡立っているタイプのものや泡立てる必要のないものもあるため、商品説明に従って使用しましょう。泡立てる必要がある場合には、泡立てが足りないと細かな部分まで汚れを取り除けなかったり、無理に泡を広げようとゴシゴシ顔を擦ってしまったりする恐れがあります。そのため、泡立ちが少ないと感じる場合には、泡立てネットを使用するようにしましょう。

④肌に優しくなじませながら洗顔スタート

皮脂の量が多い額や小鼻などのTゾーンから順番に泡を乗せていき、頬、目や口元の順番に肌の上で泡を転がすように洗っていきましょう。この時、目や口などの皮膚が薄い部分は、刺激を受けやすいため力を入れすぎずに洗うようにしましょう。

また、長時間泡を肌に乗せていると、余分な負担がかかってしまうため、洗顔の時間は長くても1分にしてくださいね!

⑤35度程度のぬるま湯でしっかり泡を流す

洗い終えたらぬるま湯を手のひらに溜めて、ゴシゴシ洗い流さずに軽く付けるような感覚で20回~30回を目安にして洗い流していきましょう。この時、生え際やこめかみ、顎のラインに洗い残しが出ることもあるので、鏡を見ながら丁寧に洗い流すことがポイントです。

また、面倒だからと言ってシャワーで洗い流してしまうと、水圧で肌に負担をかけてしまう恐れがあるため、できるだけ手で洗い流すようにしましょう。

⑥清潔なタオルなどで拭く

柔らかい清潔なタオルを用意して、優しく顔に付いた水気を吸い取ります。タオルは指で触るよりも摩擦が大きくなってしまうため、ゴシゴシ擦らずにトントンと触るだけにしましょう。

そして、拭き取り終えたら肌が乾燥しないうちに化粧水、乳液、美容液などで保湿を行うのを忘れずに!できるだけ早く保湿をして、肌を乾燥から守りましょう。

お気に入りの洗顔料を見つけて悩みのない美しい素肌へ

人気のおすすめ洗顔料を肌質や悩みなどのタイプ別にご紹介しましたが、気になる洗顔料は見つかりましたか?

洗顔は毎日行うもので、美肌を作るのに大切なことです。正しい洗顔方法をマスターして、悩みのない美しい美肌を育んでいきましょう。