【離婚慰謝料】相場ともらえる理由。協議離婚で持ち家ならしておく準備。

 

【離婚慰謝料】相場ともらえる理由
持ち家で協議離婚ならすべき!
大損しないための1つの準備

 

離婚の際に慰謝料を請求したいと思いますが、慰謝料には「もらえる理由」と「もらえない理由」があります。

また相場も50万円程度〜300万円とひらきがあり、相手の財産状況によっては支払ってもらない可能性もあります。

今回は、そんな離婚慰謝料について相場ともらえる理由、裁判ではなく協議離婚を考えていて持ち家がある人が慰謝料を多くもらい損しないための準備をまとめました。

そもそも離婚の慰謝料とは?

まずは慰謝料について、離婚の場合は「精神的苦痛を慰謝(いやす)ための損害賠償」のことを言います。

慰謝料はかならず支払われるものではありませんが、離婚するに相当な理由であれば請求できます。

慰謝料の「もらえる理由」と「もらえない理由」

慰謝料をもらえない理由

まず慰謝料がもらえない理由としては…

  • 性格の不一致
    一緒にいたくない・嫌になった
  • 価値観の違い
    体の相性や趣味の違い

こういった他人がみて「どちらが悪いとも言えない」という理由で、離婚をする場合は慰謝料を請求する事はできません。

慰謝料をもらえる理由

慰謝料をもらえる理由としては、相手に落ち度があり、あなたに精神的な苦痛をあたえるに十分な理由があれば、請求する事ができます。

  • 浮気・不倫(不貞行為)
  • DVやモラハラなど暴力行為
  • 婚姻生活を意図的に放棄している
  • 性交渉の不存在

上記のように、他人がみても夫婦関係が破綻するような行為が相手にあれば、離婚時に慰謝料を請求できます。

もらえる慰謝料、相場はどれくらい?

離婚の慰謝料の相場は協議離婚か離婚裁判かによりますが、50万程度〜300万円あたりが相場です。

浮気・不倫など相手が不貞行為をしていたて相手が慰謝料相当の財産を持っていない場合、不倫していた相手にも慰謝料を請求できます。

不倫相手にも請求する場合は、協議では難しく裁判に発展する事が一般的。協議離婚で慰謝料をもらう場合には相手のみから慰謝料をもらう事を考えましょう。

持ち家があるなら、協議離婚で「財産分与」で慰謝料を支払わせる

裁判を起こすことなく、協議離婚で慰謝料を相手に支払わせるなら『財産分与』を活用しましょう。

離婚をする際、家や土地といった不動産は夫婦の共有財産であるため原則2分の1ずつ分けることになっています。

ただ財産分与は、協議をおこなう前にしておくべき1つの準備あり、知らないとあなたが損をする可能性もあるんです。

離婚時の財産分与で損しないために必要なたった1つの事

離婚で慰謝料をもらうため、協議より先にしておくべきたった1つの事
それは、家の価値を知っておくことです。

離婚問題で一番モメるのが、夫婦の共有財産である家です。

原則として離婚する際には持ち家を2分の1ずつ分けることになっています。

ただ、家を半分にすることはできないので

  • 一方が住み続け、一方が売却評価額の半分を受け取る
  • 売却で現金化し、半分ずつ分ける

のどちらかになります。

あらかじめ家の評価額を調べ、
自分の取り分を理解しておかないと
相手の良いように勝手に分配されてしまいます。

そうなると、本来もらえる自分の取り分がもえらません。

なぜ相手より先に、家の価格を知らないと大損するのか?

家の価値を知らないと大損する理由は、離婚する夫婦の9割近くが協議離婚をするため。

出典元:厚生労働省「離婚に関する統計 」

協議離婚の場合、両者の話し合いによって言い値で財産分与を決めることになります。

ですので、相手に査定を任せて、言われたとおりに財産分与に合意してしまうと大損します。

その理由が家の評価額は査定する不動産会社によってバラバラだからです。

この不動産会社による評価額の違いを利用して、相手が自分の取り分を多くするため、嘘の評価額を伝えてくる可能性があります。

※注意※

実際に、一方が家の査定をおこない実際の評価額を把握しているのに低い評価格を伝えていたというケースが存在します。

そのため、共有財産である持ち家の価格を先に調べて知っておくことが大切なんです。

持ち家の価格を知らないでおくと…

財産分与の折り合いがつかず、結局モメて裁判になり100万~200万の費用がかかる上、離婚まで1年以上かかることになりかねません。

また

  • 弁護士・司法書士に相談する
  • 離婚公正証書(離婚の約束をまとめた書類)を作成する

といった場合にも、財産分与で自分の取り分を明記する事が必要になるため、家の評価額が必要になってきます。

家の評価額を把握していれば、財産分与の協議をする際に、慰謝料分として取り分を4:6するといった話し合いも可能になります。

離婚公正証書は裁判に発展した場合にも、必要なケースがあるため、事前に持ち家がいくらになるのか、今のうちに不動産会社の専門家に査定してもらっておくと安心です。

持ち家の評価額を調べる方法!

家の評価額を調べる際に、役に立つのが、不動産一括査定サービスの『イエウール』です。

スマホさえあれば、どこでも無料で家の評価額を調べる事ができます。

  • 持ち家の住所
  • おおよその間取り・面積と築年数
  • 名前と年齢

を入力をするだけで、あとは待ってれば簡易査定結果を知る事ができます。
業者に会うことはありません。

このサービスのすごいところは、
全国1,600の不動産会社を競わせて、買取の最高額を教えてくれるところ

イエウールで不動産のおおよその築年数・間取り・住所等を入力すると、提携している不動産に物件情報が送られます。

そうすると、物件を買取りしたい不動産会社が他社に物件が取られないよう、少しでも高い金額を提示。
不動産会社が競ってくれるので最高価格が出るんです。

しかも査定に必要な情報は住所・敷地面接・建物面積・間取り・築年数のみ。
正確に分からなくて、おおよその情報で査定の最高額を算出してくれます。

【完全無料】たったの60秒!
イエウールの家の価格を調べる

「今すぐに家を売却しないけど…」
「評価額を聞いたうえで売るか検討したい!」
「わからない事を不動産屋に相談したい…」

など、今すぐに家は売却しない場合でも利用可能です。

複数の不動産会社の査定結果を比較できれば、持ち家が最高いくらで売れるのか把握することができます。

もちろん、査定依頼したことが相手にバレることなく調べる事ができます。

イエウールで持ち家の価格を調べる

利用者の口コミ

離婚の話を進める中で、早くマンションの評価額を知りたかったので利用しました。
オーバーローンは避けたかったので、できるだけ高額で売れる不動産屋さんを探していました。

1分程度で入力後、メールにて5社から査定額をもらえました。

会社員/45歳/大阪府在住

当時、相手の浮気がわかり離婚を考えて別居中だったので、慰謝料の話をする時に役立つと思い、売るつもりは無かったけど、どれくらいの評価があるのかと思って利用しました。

予想外に早く評価額を知れたので、無駄にモメずに済みました。

パート/38歳/群馬県太田市在住

急いでいたので、すぐに3つの不動産会社から評価額を知れたのは嬉しかったです。おかげで財産分与がスムーズにできました。

すぐに査定額を知りたい人に良いサービスだと思います。

会社員/35歳/埼玉県和光市在

こんな人にイエウールはおすすめ

  • 持ち家を最高価格で売却したい方
  • 買い手を早く見つけたい方
  • 離婚で今の持ち家の価値を知りたい方
  • 財産分与で損したくない方
  • 不動産の査定額見積もり比較したい方

簡単たったの60秒で依頼できます。

24時間・全国対、調べるだけでもOK

2021年以降の売値には注意が必要

不動産の価値が高く売れるのは、2021年のオリンピック前までと言われていて、不動産の価値は下落する予想。

コロナショックも重なって、今後さらに下落する可能性もありタイミングが大事になってきています。

タイミングを逃してしまうと、家の価値はどんどんと下がる一方なので、

家を売りたい人はもちろんですが、すぐに売る気がなくても損をしないように、家の価値を把握しておきましょう。

  1. 厳しい審査を通過した優良会社が競い不動産の最高額を提示
  2. スマホで60秒、完全無料サービスなので一切お金は掛からない
  3. 実際に売らなくても、家の価格を調べるだけでもOK

便利なサービスなので、イエウールを使って家の価格を把握しておきましょう。

簡単60秒・完全無料

 

運営者情報

 
タイトルとURLをコピーしました