毛穴レスな素肌になるための毛穴の種類ごとの対策!ケア方法もご紹介!

黒ずんだ毛穴がブツブツ目立ついちご鼻。

ぱっくり開いた毛穴がファンデーションでも隠しきれないミカン顔。鏡を見るのすら憂鬱になりますね。

日本人女性の70%以上の人が何らかの毛穴のトラブルを抱えているといわれています。

毛穴は全身にあるものですが、なぜ顔の毛穴はトラブルが起きやすいのでしょうか?その理由には、人のお肌の仕組みが大きく関係しています。

トラブル解消には、トラブルの元となる毛穴の仕組みを正しく理解し、自分に合ったケアを行わなければなりません。

タイプ別の毛穴トラブルを、その原因からケア方法まで詳しく解説します.。

毛穴ってどんなもの?

そもそも毛穴は皮膚の付属器官の1つです。毛穴は非常に細くて長い穴であり、皮膚の皮下組織にまで達します。

一番奥の部分には、毛母細胞(もうぼさいぼう)とよばれる毛の元となる細胞です。この細胞が体内から栄養を受けると、その長細い穴の中を外へ向かって伸びていき、皮膚の外に出てきたものが髪の毛や産毛など、私たちの全身の毛となるのです。

しかし、毛穴は毛の成長以外にも多くの働きを持ちます。

毛穴の中には、皮脂を分泌する皮脂腺や、汗を分泌するアポクリン汗腺と呼ばれる構造が含まれています。

これらは、皮膚を乾燥から守ったり、体温調節をしたり、非常に重要な役割を持ちます。私たちが日ごろ、煩わしく感じている毛穴は実は非常に重要な皮膚構造の一つなのです。

顔の毛穴はどうして目立つの?

全身に存在する毛穴ですが、毛穴は3つの種類にわかれます。それぞれの種類を見てみましょう。

終毛性毛包(しゅうもうせいもうほう)

髪の毛やヒゲなどの太い毛が生える毛穴です。皮脂腺は比較的少ないですが、皮 脂の詰まりを放っておくと、炎症やニキビの原因になります。

軟毛性毛包(なんもうせいもうほう)

いわゆる「産毛」が生える毛穴です。皮脂腺は少なく、毛穴トラブルは起こりにくいですが、産毛の色が濃い人は毛穴が目立ってしまうことがあります。

脂腺性毛包(しせんせいもうほう)

毛はほとんど生えませんが、皮脂腺を多く含んでいます。他の毛穴よりも大きく、深いのが特徴で、皮脂の分泌が多いため最もトラブルが多い毛穴です。

この3つの毛穴の中で、顔に多いのは脂腺性毛包です。

特にTゾーンやおでこに多く分布し、毛穴トラブルを引き起こしてしまいます。

女性の顔には終毛性毛包はほとんどありませんが、男性では顎周りに多く分布していて、思春期になると皮脂の分泌が増加するので思春期ニキビといったトラブルを起こしやすいといわれています。

このように、毛穴には3つの種類があり、顔の毛穴はトラブルを起こしやすいものなのです。

また、顔は洋服などで隠すことができないので、トラブルは精神的に大きな悩みになり、そのストレスがさらに毛穴の黒ずみ、開きを悪化させます。

毛穴トラブルのタイプとケア方法は?

毛穴には3つの種類があって、一番トラブルの多いものが脂腺性毛包と呼ばれるものでしたね。

残念なことに、顔には、この種類の毛穴が一番多いのでトラブルが起きやすいのです。

しかし、毛穴トラブルには色々なタイプがあって、それぞれ原因もケア方法も異なります。トラブル解消には、自分の毛穴のタイプを知り、正しいケアを行うことがなによりも大切になります。あなたのタイプはどれでしょうか?

つまり毛穴

原因

皮脂は皮膚を乾燥から守る大切な働きをします。しかし、過剰な量の皮脂はオイリー肌や毛穴トラブルの主要な原因となってしまうものです。

つまり毛穴は若い人に多いトラブルで、毛穴から過剰な皮脂が分泌され、毛穴の中に皮脂が残ります。

この残った皮脂は、皮膚のたんぱく質や汗などの老廃物とくっつき、角栓と呼ばれる塊を作ります。この角栓が毛穴につまったものをつまり毛穴と呼びます。

角栓が詰まった状態の毛穴は、どんどん広がっていき、毛穴のサイズ自体も大きくなってしまいます。そして、大きくなった毛穴にさらに老廃物が溜まり、より一層目立つ毛穴になってしまうのです。

ケア方法

つまり毛穴のケアで一番大切なのは、ずばり洗顔と乾燥対策です。

毛穴に詰まった汚れは、適切な洗顔を繰り返すことで洗い流されるものです。重要なのは、肌に優しい洗顔方法です。

毛穴が目立ってくると無意識に余計な力を入れて洗顔してしまいますが、毛穴対策をするなら、洗顔は毛穴につまった汚れを落とすことだけを考えて、たっぷりのクレンジング剤や洗顔料を毛穴になじませるように付け、そっと撫でるように洗うのが毛穴に優しい洗顔です。

余計な力が入ると、毛穴が引き伸ばされ、毛穴の洗浄が十分にできない可能性があります。

また、乾燥対策も非常に大切となります。皮膚は乾燥すると、余分な皮脂が分泌されてしまいます。

また、乾燥によって肌の弾力性や厚みが失われ、毛穴が開きやすい状態となるので、そこに余分な皮脂が溜まることになります。洗顔後には保湿効果に優れた化粧水や美容液を使いようにしましょう。

黒ずみ毛穴

原因

黒ずみ毛穴の多くは、つまり毛穴でできた角栓に脂肪成分が付着して酸化し黒くなることが原因です。

鼻の頭にこの黒ずみ毛穴がたくさんできた状態を「イチゴ鼻」と呼び、思春期の女性に良く見られるものです。

その他の原因としては、産毛の色が濃いことです。顔にも軟毛性毛包は分布しており、産毛の色が濃いと毛穴が濃く目立ってしまうのです。

また、毛穴の入り口部分の皮膚が色素沈着を起こすこともあります。

皮脂は酸化してメラニン色素の沈着を促してしまう作用があり、過剰な皮脂が分泌された毛穴の皮膚は色素沈着を起こしやすいのです。

このようなタイプの人は、角栓が詰まっていなくても毛穴が目立ってしまうので、黒ずみ毛穴に悩んでいる人は一度鏡でよく毛穴の状態をチェックしてみましょう。

ケア方法

黒ずみ毛穴のケアも、基本的にはつまり毛穴と同様で、大切なのは丁寧な洗顔と乾燥対策です。

黒ずみ毛穴はつまり毛穴の角栓よりも大きく太いことが特徴で、しっかりと毛穴の中に根を下ろした状態といえます。

この場合、ケアには長く時間がかかってしまいます。洗顔で気を付けたいことは、「毛穴を開かせてから」行うことです。

毛穴は適度な温度と湿度にあたると開きますので、これをうまく利用して洗顔してください。

具体的には、入浴の直後のタイミング、または蒸しタオルで顔の毛穴を開いた後に洗顔するとよいでしょう。

また、産毛が目立っている人はこまめにシェービングすることをおすすめします。シェービングは正しく行わないと、肌を傷つけることがありますので、慣れないうちは専門のシェービングサロンや美容皮膚科に力を借りるのもよいでしょう。

開き毛穴

原因

健康な毛穴は、通常目に見えない程度に閉じています。

きめが細かい肌は、毛穴が小さく閉じ、規則正しく並んだ状態です。

乾燥した肌は過剰な皮脂が分泌し、皮脂腺がどんどん大きくなり、こうなると、毛穴自体が大きくなってしまい、毛穴が目立つ状態になります。

さらに、保水力を失った肌は、コラーゲンやエラスチンとよばれる、肌に弾力性を持たせる細胞が減ってしまうので、弾力を失った肌は毛穴が開こうとする力に対抗することができず、その力に負けてしまいます。

その結果、毛穴が常に開いた状態となってしまうのです。

また、ニキビの跡も開き毛穴の原因となります。大きなニキビは若い女性に多いものです。

顔の中で目立ってしまうので、ついつい潰してしまうことも…。

しかし、潰してしまったニキビの中には、肌の構造そのものを深く傷つけ、クレーターのような穴を開けてしまうものがあります。このようなニキビ跡は大きな毛穴として顔の中に堂々と居座ってしまうのです。

ケア方法

開き毛穴のケアで最も大切なのは、乾燥対策です。開き毛穴の主な原因は乾燥でしたね。ですから、この乾燥を防ぐことで開いた毛穴を閉じてあげることができるのです。
しかし、開き毛穴の改善には時間がかかるといわれています。失ってしまった肌の弾力を取り戻すのは、一朝一夕とはなりません。根気強いケアが必要となるでしょう。自分の肌に合った、保湿効果の高いケア用品を選びましょう。
また、開き毛穴の人は、ファンデーションなどの化粧品が毛穴に詰まりやすくなりますので、丁寧な洗顔を心がけましょう。
開き毛穴対策の化粧水として、収れん化粧水というものが売られています。しかし、毛穴を閉じる効果は一時的なものだといわれています。収れん化粧水には、保湿性を重視していないものもありますので、使用する際には保湿効果の高いものを選んだり、保湿効果の高い化粧水と併用して使ったりするとよいです。

たるみ毛穴

原因

人は年齢を重ねると、どんなに一生懸命肌ケアを行っても、コラーゲンが失われ、肌の張りを失うことになります。弾力を失った肌は毛穴を開きやすくしましたね。これは開き毛穴の原因と同じです。たるみ毛穴とはさらに、加齢による肌のたるみが加わって、毛穴が重力に負けて下に引き伸ばされた状態になります。通常の毛穴は丸い形をしていますが、たるみ毛穴は涙型をしているのが特徴です。
たるみ毛穴は乾燥によって悪化するといわれています。乾燥することで、肌の弾力がさらに失われ、毛穴が開き、これが肌のたるみによってさらに引き伸ばされます。まさに負のスパイラルが生じてしまうのです。

ケア方法

たるみ毛穴のケアは、たるみ対策だけでなくしっかりと乾燥対策を行うことが大切です。たるみ毛穴に悩む人は、アンチエイジングケアに特化した化粧品を選びがちですが、肌が乾燥した状態ではいくら丁寧なアンチエイジングケアをしても意味がありません。
肌のたるみは顔の筋肉が落ちることも原因の一つです。たるみ毛穴は頬に多いので、表情筋のトレーニングが有効です。これも毎日繰り返すことが大切です。

帯状毛穴

原因

たるみ毛穴がさらに大きく、数が増えてしまうと、毛穴同士が帯状につながった状態となります。これを帯状毛穴と呼びます。ほうれい線やおでこにできやすく、つながってしまった毛穴は、太いしわのように見えます。非常に目立った状態ですので、実年齢よりも老けた印象になってしまいます。
帯状毛穴は、開き毛穴になりやすい人が年齢を重ねることで起こりやすいといわれています。元から広がっている毛穴が、たるみによって益々広がってしまい、ついには隣の毛穴同士がくっついてしまうのです。

ケア方法

帯状毛穴になってしまった毛穴をケアするのは非常に大変です。まずは帯状毛穴を予防することが最も大切ですが、もしできてしまったらどうすればいいのか…。やはり、乾燥対策とたるみ対策、丁寧な洗顔です。帯状毛穴は皮脂や汚れが溜まりやすく、黒ずみやすいものです。開いた毛穴への対策だけでなく、お肌ケアの基本である洗顔方法を見直してみましょう。帯状毛穴はしっかり洗顔することで目立ちにくくなります。

毛穴対策によい日常習慣は?

毛穴トラブルには様々な種類があって、その原因もケア方法も違うことを理解できましたね。
肌のトラブルには、肌への直接的なケアだけではなく、生活習慣を見直すことで、解決への近道になることもあります。ここでは、おススメの生活習慣改善を説明しましょう。

食生活

脂肪分の多い食事は当然、皮脂の分泌を増やします。毛穴対策によいのは、脂肪分を控えめにした食事です。また、たんぱく質の過剰摂取は、角栓の元となるたんぱく質を増加させてしまうので、適量を守りましょう。ビタミンB2やB6、ビタミンCなどのビタミン類には皮脂の分泌を抑える働きやコラーゲン生成効果、美白効果があります。どれも毛穴対策には最高の栄養素です。ぜひ食事に取り入れてみましょう。

紫外線対策

紫外線は肌の炎症や乾燥、色素沈着を引き起こし、毛穴トラブルの原因となります。紫外線対策は日焼け止めや日傘、UVカット衣料などによって行うことができ、比較的簡単に行える生活習慣改善です。毛穴トラブルのある人は、ぜひ紫外線対策も行いましょう。

規則正しい生活を

私たちの体は、睡眠中に成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは成長期だけに分泌されるものではなく、成人でも分泌され、肌のダメージを回復させる働きがあります。成長ホルモンは、眠りについてから数時間で分泌され始め、明け方には分泌が減ってしまいます。成長ホルモンを多く分泌させるには、質のいい睡眠が重要となります。夜更かしは禁物なのです。

禁煙

喫煙は体の中に活性酸素を増加させます。活性酸素は肌のたるみを加速させ、「老け顔」にしてしまいます。この悪影響は、喫煙している本人だけではなく、近くでたばこの煙を吸ってしまった人にも及びますので注意しましょう。

どうしても、毛穴トラブルが改善しない

どんなに時間をかけて丁寧に毛穴ケアを行っても、ほとんど改善しない…。こう悩んでいる人、多いのではないでしょうか。毛穴は一度開いてしまうと、健康な状態に戻すのに長い時間を要します。特に帯状毛穴はセルフケアだけで改善するのは難しいかもしれません。
そんなときは、美容皮膚科の力を借りるのみ一つの方法です。美容皮膚科では、ピーリングやレーザー治療などで毛穴トラブルを改善することが可能です。医療に頼るのに抵抗がある人もいるかもしれません。しかし、毛穴トラブルは特に女性の場合、深刻なストレスになり、うつ状態を引き起こすことさえあります。悩みを抱える前に、一度医師に相談してみるとよいでしょう。

毛穴トラブルは改善できる!

毛穴トラブルには多くの種類がありましたが、改善できないものはありません。しっかりと、トラブルと向き合って根気強くケアすることでスベスベな肌を取り戻すことができます。ケアだけでうまくいかない人は医療の力で改善することもできます。
コツコツと努力を重ね、鏡を見るのが楽しみになるような毛穴トラブルのない肌を手に入れてみませんか?