平屋の間取り選びに迷ったら!私たちが理想の間取りを無料でみつけられた方法!

平屋の間取り選びに迷ったら!私たちが理想の間取りを無料でみつけられた方法!


平屋を建てたいと思っても、どんな間取りがいいのかわからない…

しかも住宅展示場は、どこいってもほとんど2階か3階建てが多くて参考にもならない事多いですよね。

私たちも、平屋建てが欲しくていろいろ探したんですが…

  • 住宅展示場には平屋のモデルハウスが少ない
  • 建売住宅もほとんど2階建てで選択肢がない
  • いい建売物件があったと思ったら立地難

など、平屋を探して三千里…とまではいかないですが、ほんと足と時間を使ってさがしました。

でもいい間取り・いい物件をみつけられなかった時に、ネットで見つけたあるサイトとの出会いのおかげで…

ついに昨年、念願の平屋マイホームを手に入れられたんです!
しかも完全な注文住宅で理想の間取り!

今回は私たちが間取り調べ、家を建てる際にやったことをまとめてご紹介します!

私たちが出会ったのがタウンライフ家づくりの『家づくり計画書』

私たちが平屋マイホームを建てるのにすごく役立ったのが
タウンライフ家づくりの『家づくり計画書』無料依頼サービスです。

このサービスと出会えたことで、土地込みで1,100万円台!
月々の住宅ローンも5万円台!賃貸住みの家賃より6万も下がりました!

平屋を注文住宅で建てるなら比較するのが後悔しないコツ!

実際に建ててわかったのが、家を建てるなら複数社のハウスメーカーで同じ条件・予算で比較することが超重要!

私たちもタウンライフを利用して同じ条件・予算で6社に計画書を依頼しました。

その結果、建物代だけで2,000万円台〜1,100万円台と900万円ほど差が!
高級外車が買えちゃいますよね。

ひとくちに注文住宅と言っても、予算やハウスメーカーの特性などによって、
あなたの希望をどれだけ反映できるか?は変わってきます。

なぜ?と私たちも思って、依頼したハウスメーカーの建築士さんに聞いてみました。

すると、建材や設備(トイレ・キッチン・お風呂)、什器じゅうき(家具・内装)は、それぞれの業者さんが価格を決めるため、これまでの取引量によって価格が変わってくるとのことでした。

そのため、できれば数社に設計・計画書を依頼して比較することが大切なんですね。

でも…

  • 数社のハウスメーカーを比較してみたいけど…
  • まだ具体的な購入時期とか決まってないけど…
  • 用意できる予算でどこまで出来るんだろう…

と思ってる方は、ぜひタウンライフ家づくりの『家づくり計画書』無料依頼サービスを活用してみてください。

簡単な情報を入力するだけでオリジナル家づくり計画書がもらえて、補助金・助成金、土地探しなど資金計画もサポートしてくれます!

タウンライフ家づくりはとっても簡単に設計図つきで間取りも比較できちゃう

実際にどれほど、簡単なのか使ってみるとこんな感じです!

  1. 希望エリアの入力
  2. 家づくりの要望・お客様情報の入力
  3. 依頼するハウスメーカーの選択
  4. 入力内容の送信

たったこれだけ。
『家づくり計画書』の申込みは非常に簡単なんです!

希望エリアの入力

まずは公式サイトにアクセスし、家を建てたいエリアの

  1. 都道府県を選択
  2. 市区町村を選択

「見積もり・間取りプラン作成スタート」を押して依頼スタート。

間取り・資金計画・お客様情報の入力

次に

  • 家づくり計画の要望
  • お客様情報

上記の情報を分かる範囲で入力します。

ヒント!

具体的な広さがわからなくても、大体の希望で大丈夫です。間取りも決めていなければ『まで決めていない』を選べば大丈夫です!

依頼するハウスメーカーの選択

そして、入力したエリアによって依頼を出すことのできるハウスメーカーを選択することができます。

どこが良い悪いの判断がつかなかないので、とりあえず「まとめて選択」を選べば大丈夫です。

最後に入力した内容を確認して「オリジナル家づくり計画書作成」ボタンをクリックすれば完了です。

私たちの時は依頼した数日後に連絡があって、6社のハウスメーカーから資料が届きました!

※私たちの実際のプランもあるため画像はイメージです。

正直、簡単な設計図でしょ?と思っていたんですが、しっかりした計画書をいただけたので驚きました!

ここまでしてもらえると、イメージしやすくて二人で

  • 「キッチンはこの位置よりこっちがいいな」
  • 「リビングの窓は南東に大きい窓がいいかもね」
  • 「この費用なら縁側をつけられるかも!」

などいろいろ相談する事ができたので、無事にマイホームが完成したときも理想とのギャップがありませんでした!

まだ具体的なことが決まってなくても、計画書をもらうと考えやすいので、ぜひタウンライフ家づくりの『家づくり計画書』で依頼してみてください!

持ち家もつなら今年がチャンス!?

実は2020年は持ち家をお得に購入できるチャンスって知っていましたか?

じつは、2019年の消費税率の引き上げによって、不動産購入・リフォーム件数が大幅に減ったことで国ぐるみで支援策を拡充しているんです。

出典元:国土交通省ホームページ

中でも注目したいのは下記2つ。

  • 増税分の2%は住宅ローン減税として還元
  •  すまい給付金として最大50万円給付
    ※上記支援策は2020年12月31日までの入居者のみに適用

年収600万円の私たちが1,100万円程度の戸建てを購入した場合、2020年12月31日までの入居で最大115万円還元されるというのです。

追記!

新型コロナの影響で、入居時期が遅れる人が続出しているため期間が1年延長され、2021年12月31日までに引き伸ばされました!

1年も伸びたので、ゆっくりプランを考えられますね^^

支援策をつかえば、お得に注文住宅が手に入ります

そのためには、どんな家を建てたいのか今の家に考えておきましょう。

いまなら「成功する家づくり7つの法則」無料でGET!!

毎月先着99名限定で「成功する家づくり7つの法則」という冊子(PDF)が無料でもらえます!

家づくりについて右も左もわからなかった私たちもかなり参考にさせてもらいました。

行政(国や自治体)がやっている補助金・助成金・減税などの支援制度の情報。

長期優良住宅にすることでの税金優遇や、住宅ローンの金利援助はマイホームを手に入れるのにすごく役立ちました!

これがもらえるだけでも利用する価値はあります!PDFなので私は通勤中にスマホで読んでました。

「成功する家づくり7つの法則」無料GET

筆者プロフィール

名前:伊江健太郎(仮名)
家族:妻と子供2人
年齢:34歳
職業:サービス会社勤務
世帯年収:約600万円

タイトルとURLをコピーしました