相続した家や土地を売りたい!知ってるだけで数百万円も得する方法!

相続した家や土地を売りたい!知ってるだけで数百万円も得する方法!


相続された家や土地といった不動産をどうしようか迷っていませんか?

  • 遠方だから持っていてもしかたがない
  • すでに自分の家をもっている
  • 使わないのに固定資産税だけ掛かる
  • 売りたいけど次の所得税が心配…

など、相続された不動産の処分にこまっている方は、ぜひ使うべき方法として3,000万円の特別控除があります。

今回は、相続された家の売却で使える特別控除と、特別控除を利用しながら数百万円も得する可能性がある方法をご紹介します。

3,000万円の特別控除とは?

「3,000万円の特別控除」は、マイホームはもちろん、相続して居住していない空き家を売却した譲渡所得に対して支払うべき税金のうち、3,000万円控除してくれる仕組みです。

特別控除を利用すれば、課税額を大幅に少なく(場合によってはゼロに)することができるため、不動産売却をおこなう人は利用すべき仕組になります。

この特別控除を受けるための条件は以下の通りです。

<マイホームを売却する場合の条件(一例)>

  • 自分が居住するための住宅であること
  • 住まなくなった場合でも、住まなくなった日から3年後の12月31日までに売却すれば対象となる
  • 災害によって滅失した家屋の場合、住まなくなった日から3年目の12月31日までに売却した場合は適用対象となる
  • 売却した年の前年および前々年にこの特例の適用を受けていないこと
  • 親子や夫婦など親族間などでの売買は適用外となる

<相続した家屋を売却する場合(一例)>

  • 相続開始の直前まで、被相続人が居住するための家屋であったこと
  • 昭和56年5月31日以前に建築されたこと
  • 区分所有建物登記がされていないこと
  • 相続開始の直前まで被相続人以外の人が居住していないこと
  • 相続開始日から3年目の年の12月31日までに売ること

このように、マイホームの売却と相続によって取得をした土地・家屋の売却とでは条件が異なる点に注意してください。

<適用期間が決まっている>

3,000万円特別控除には、適用できる期間が決められています。

3,000万円特別控除の適用期間

相続日から起算して3年を経過する日の属する年の12月31日まで、かつ、特例の適用期間である2016年(平成28年)4月1日から2023年(令和5年)12月31日までに譲渡すること。

期間内であれば、この特別控除を利用して、お得に空き家を売却する事ができます。

控除が受けられるか、不動産会社に相談してみよう

3,000万円の特別控除を受けるための条件は、どれに該当するかが難しく、やや複雑です。

わからないことがあったら不動産会社に相談してみる事をおすすめします。

どの不動産会社に相談するかですが、基準はあなたの物件の高く買い取ってくれるところに相談することです。

  1. あなたの物件を高い価格で買取ってくれる会社を探す
  2. その会社に特別控除について相談する
  3. 売却をするかを検討する

この流れで相続した家や土地を売ることで、残してもらった不動産を気持ちよく売却する事ができます。

不動産会社にも得意不得意があり、あなたの物件と相性が悪いと査定額が数百万円も変わるため、損をしてしまいます。

あなたの物件が得意な不動産会社をさがす方法

あなたの家を高く買取ってくれる不動産会社をさがす時に便利なのが、下記の無料の一括査定サービスです。

  • 住所
  • おおよその築年数や間取り・面積

を60秒ほどで入力するだけで簡易査定結果を知れる無料サービスです。

依頼をすれば、あとは査定連絡を待つだけ!
査定依頼だけなら業者の人とも会うこともありません。

全国1,600社の不動産会社と提携していて、最大6社の査定価格を一度に比較できます!

実績もあり、大手不動産会社も提携しているので安心して利用する事ができます。

あなたが最適な不動産会社とめぐり会える事を願っています。

>>【完全無料】持ち家の価格を調べてみる

タイトルとURLをコピーしました