遺留分とは?遺留分の割合、計算方法を知らないと大損してしまうリスク大…

 

遺留分とは?
相続で大損しないたった1つ方法…

 

更新日:

このページでは遺留分についてお伝えしています。

あなた自身が遺留分権利者でも、受け取れるはずだった金額を受け取れず大損してしまうケースがあるので注意が必要です。

遺留分とはそもそも何?

遺留分とは、一言でいうと相続人が一定の割合の受け取りを法律上で保証されている相続財産のことです。

被相続人(亡くなった方)は、遺言で相続の意思表示はできますが、遺留分権利者は被相続人に対しての遺留分侵害額請求権が付与されます。

遺言書などで取り分が少なくなってしまった場合、遺留分までは請求することができるのです。

※法改正(2019年7月1日施行)により、遺留分減殺請求は「遺留分侵害額請求」と呼ばれるようになりました。

時効のリスク

遺留分には時効が存在します。

時効期間が過ぎると遺留分権利が消滅するため注意が必要です。

以下の期間で遺留分の権利は時効となります。

  • 遺留分権利者が相続を開始した時点から1年後に時効
  • 遺留分権利者が本来よりも取り分が少ないことを知った時点から1年後に時効
  • 相続開始から10年後に時効

知った時点と聞くと「知らなかったといえば良い」と思う方が多いですが、実際には漠然と知った程度でも起点となってしまいます。

そのため、基本的には被相続人が亡くなってから1年後に時効になってしまうと考えておくべきです。

遺留分権利者の遺留分の割合

遺留分は、原則として想定相続分の2分の1が対象となります。

  • 相続人が配偶者のみ、もしくは子供のみの場合→法定相続分の2分の1が対象
  • 相続人が配偶者と子供の場合→配偶者と子供がそれぞれ4分の1が対象
  • 相続人が配偶者と父母の場合→配偶者が6分の2、父母が子6分の1が対象
?兄弟姉妹に遺留分権利がない理由
  1. 法定相続人の中で、被相続人との関係が最も遠いから
  2. 兄弟姉妹には代襲相続が存在するから

いかなることがあっても、兄弟姉妹に遺留分の権利が付与されることはありません。

ただ問題なのが、あなた自身が遺留分の権利者だったとしても、故人が保有していた遺産の価値がわからなければ、正しく相続を受け取れず大損する可能性があります

とくに不動産関係は相続の中で最もトラブルになりやすいので、業者に査定を依頼してしっかり対策を打っておくことが必須になります。

法定相続に同士がモメる「遺産分割協議」で知らないと損する事

遺言書がない遺産相続の場合、必ずおこなう『遺産分割協議』で、合意前に知らないと損をする可能性があることがあります。

遺産分割協議は、かならず下記の条件を満たす必要があります

  • 相続人全員が参加して協議をおこなうこと
  • 協議の結果を書類に残すこと

相続人が1人でも掛けた場合の協議結果は無効になります。

この条件のせいもあり、相続人全員の話し合いに折り合いがつかず、結果トラブルに発展することも珍しくありません。


中でも一番モメるのが『不動産の相続』。

  • 今の家を分割して住むのか
  • 建物と土地で分割して相続するのか?
  • 不動産の売却額をどう分割するのか?

とモメにモメて、なかなか遺産分割に決着がつかず長期化する事も少なくありません。

そんな遺産分割協議。
事前に把握してないと知らぬ間にあなたが損する事が1つあります。

遺産分割で損しないために必要なたった1つの事

遺産分割協議をする前にしておくべきたった1つの事
それは、家の価値を知っておくことです。

遺産分割の場合、家を分割することはできないのでモメた際は

故人の家を売却した売却額を分割する
という条件で決着するケースがほとんど。

ここが実は落とし穴で、
家の評価額と自分の取り分を理解しておかないと他の相続人の良いように勝手に分配されてしまいます。

なぜ他より先に、家の価格を知らないと大損するのか?

家の価値を知らないと大損する理由は、遺産分割協議の多くは話し合いで終わることがほとんであるため。

もし誰か不動産に詳しい人がいれば、その人の言い値で遺産分割が決めることになります。

他の相続人が評価額を知っているのに嘘の評価額を伝え、言われたとおりに合意して遺産分割してしまうと大損します。

その理由は家の評価額は査定する不動産会社によってバラバラなため。

不動産会社ごとに得意分野が異なるため、1つの不動産でも数百万の価格差が生まれることもあります。

この不動産会社による評価額の違いを利用して、自分の取り分を多くするため、嘘の評価額を伝えてくる可能性があります。

※注意※

実際に、事前に家の査定をおこない実際の評価額を把握しているのに低い評価格を伝えていたというケースが存在します。

そのため、相続の対象になる不動産の価格を先に調べて知っておくことが大切なんです。

なにもせず不動産評価額を知らないでおくと…

結局モメて裁判になり100万~200万の費用がかかる上、遺産分割協議に1年以上かかることになりかねません。

また

  • 弁護士・司法書士に相談する
  • 遺産分割協議書に分割金額を記載する

といった場合にも、自分の取り分を明記する事が必要になるため、家の評価額が必要になってきます。

『遺産分割協議書』には誰の遺産を誰がいくら相続人と分割を示す必要があるため、評価額を把握する必要があります。
下記の参考画像を参照

三井住友銀行:遺産分割協議書の参考例

遺産相続で分割協議をする場合はもちろん、突然その時が来た時のために、
不動産の評価額を調べておくことで、スムーズな相続ができます。

今のうちに不動産会社の専門家に査定してもらっておくと安心です。

ただ注意点として、1社〜2社ではなく、少なくとも3社以上に査定してもらい最高額がいくらなのか比較をしましょう。

不動産の評価額を調べる方法

効率よく不動産の評価額を調べる方法

実際に不動産や何軒も訪ねて、査定依頼を出してとするのは大変で、手間と時間がかかかります。

そんな時に、効率的な価格把握に役立つのが、不動産一括査定サービスです。

中でも、テレビCMも放送中の不動産一括査定「リビンマッチ」がおすすめになります。

パソコン・スマホさえあれば、どこでも無料で家の評価額を調べる事ができます。

  • 持ち家の住所
  • おおよその間取り・面積と築年数
  • 名前と年齢

を入力をするだけで、あとは待ってれば簡易査定結果を知る事ができます。
業者に会うことはありません。

このサービスのすごいところは、
全国1,400の不動産会社を競わせて、買取の最高額を教えてくれるところ

リビンマッチで不動産のおおよその築年数・間取り・住所等を入力すると、提携している不動産に物件情報が送られます。

そうすると、物件を買取りしたい不動産会社が他社に物件が取られないよう、少しでも高い金額を提示。

不動産会社が競ってくれるので最高価格が出るんです。

しかも査定に必要な情報は住所・敷地面接・建物面積・間取り・築年数のみ。
正確に分からなくて、おおよその情報で査定の最高額を算出してくれます。

【完全無料】たったの45秒!
リビンマッチで家の価格を調べる

すぐに家は売却しないけど「いつか売りたい!」「評価額を知りたい!」場合でも、住所さえ分かれば利用可能です。

もちろん、査定依頼したことが他人にバレることなく調べる事ができます。

リビンマッチで持ち家の価格を調べる

利用者の口コミ

両親が住んでいるマンションについて相談され、評価額を知るために利用しました。できるだけ高額で売れる不動産屋さんを探していました。

1分程度で入力後、メールにて5社から査定額をもらえました。

会社員/45歳/大阪府在住

遺産相続で親族感で揉め事になり、正規の不動産価格を知るためにリビンマッチを利用しました。もっと早くやっていれば嫌な思いをせずに住んだなと後悔しています。

すぐに査定額を知りたい人に良いサービスだと思います。

会社員/52歳/埼玉県和光市在

こんな人にリビンマッチはおすすめ

  • 持ち家を最高価格で売却したい方
  • 買い手を早く見つけたい方
  • 離婚で今の持ち家の価値を知りたい方
  • 財産分与で損したくない方
  • 不動産の査定額見積もり比較したい方

簡単たったの45秒で依頼できます。

24時間・全国対、調べるだけでもOK

2021年以降の売値には注意が必要

不動産の価値が高く売れるのは、2021年のオリンピック前までと言われていて、不動産の価値は下落する予想。

コロナショックも重なって、今後さらに下落する可能性もありタイミングが大事になってきています。

タイミングを逃してしまうと、家の価値はどんどんと下がる一方なので、

家を売りたい人はもちろんですが、すぐに売る気がなくても損をしないように、家の価値を把握しておきましょう。

  1. 厳しい審査を通過した優良会社が競い不動産の最高額を提示
  2. スマホで45秒、完全無料サービスなので一切お金は掛からない
  3. 実際に売らなくても、家の価格を調べるだけでもOK

便利なサービスなので、リビンマッチを使って家の価格を把握しておきましょう。

簡単45秒・完全無料

 

運営者情報

 
タイトルとURLをコピーしました