家を売って賃貸にするメリットと住んで家の最高値で売って資金を作る方法

家を売って賃貸にするメリットと住んで家の最高値で売って資金を作る方法


持ち家を売って賃貸にしよう!

最近では、家や車を持たないで賃貸ライフを送る人が増えてきました。

家を持たずに、賃貸ライフを過ごしている人たちは、メリットがあるから賃貸ライフを選択しているのです。

今回は、家を売って賃貸にすることのメリットとデメリット。

合わせて、家を売ってより多く資金を作るのに、いまからすべき持ち家の最高値を見つける方法をご紹介します!

家を売って賃貸にするメリットは?

まずは家を売って賃貸にするメリットは4つほどあります。

1つずつご紹介していきます。

1.住宅ローンからの解放

不動産を売却して賃貸ライフに移行したときの最大のメリットは住宅ローンからの解放です。

売却によって住宅ローンを完済できることを前提としていますが、家を売却して、住宅ローンから解放されるため、税金の支払いからも開放されます。

2.簡単に引越しができる

賃貸の良いところは、

  • 「家賃が高いな」
  • 「不便だな」
  • 「隣の人が変人だな」

という問題があれば、あっさり引っ越しができるという点。

賃貸は売却しないと離れられない持ち家と違い、直面している問題点を簡単に解決できるメリットがあります。

支出を減らしてもっと生活を楽にしたいと思えば、賃料の安い家へ引っ越せば良いのです。

3.変わる家族構成にも柔軟に対応できる

家の売却を検討する人の中には、家族構成が変わったからという理由の方も多いです。

子供は早ければ、大学生にもなれば家を出ていきます。

4人家族でも、子供が巣立ってしまうと夫婦2人なり、家が手広になってしまいます。

また最終的には伴侶に先立たれると、1人になってしまい売却という流れに。

家を持ち続けていると、このような家族構成の変化に柔軟に対応することは難しいですね。

一方、家を売却して賃貸ライフを選択すれば、変化に柔軟に対応できます。

家族が減って、小さな賃貸に引っ越せば、住居費の安くすることも可能です。

4.ちょっと贅沢な都会生活も送れる

すべての人に当てはまる事ではないですが、都心部は土地が高すぎるため、家を購入すると、少し郊外へ建てる人は多いです。

一方で、賃貸であれば都心部に住むことも可能です。

家を購入するのが難しいエリアでも、賃貸であれば借りることのできるエリアはたくさんあります。

また家族構成と同様に、その時自分たちの希望するエリアに好きなタイミングで引っ越す事ができる魅力もあります。

家を売って賃貸にするデメリットは?

不動産を売却して賃貸にすることの最大のデメリットは老後です。

定年後に住宅ローンが終わっていれば、住居費が安く抑えられるメリットがあります。

ですが、ここで問題なのが、今のあなたの歳から老後になるまで何年あるか?

あなたが年取るのと同様に、家も老朽化が進んでいきます。

定年する頃には、建て替えが必要だったり、売却しようとしても資産価値がない場合もあります。

賃貸であれば、建物が古くなれば新しいところを探せば老朽化の心配もありません。

家を売って賃貸にしなくてもやっておくべき事

家を売って賃貸にしようとしている人も、まだ検討中という人も今からやっておくべき事があります。

それが、いま住んでいる家の評価額を把握しておくことです。

家を売った資金を住宅ローンの返済にあてるにせよ、賃貸ライフをおくる資金をつくるにせよ資金が必要です。

いまの家が最高いくらで売れるのか?を今から把握しておく事は重要なことです。

持ち家がいくらになるか調べる方法

いま住んでいる家の評価額をチェックする時に便利なのが、下記の無料一括査定サービスです。

  • 住所を選択
  • おおよその築年数や間取り・面積

を60秒ほどで入力するだけで簡易査定結果を知れる無料のサービスです。
業者に会うことはありません。

複数の不動産会社の査定結果を比較できるので、最高値がいくらなのか簡単に知ることができます。

もちろん、査定依頼したことが相手にバレることなく調べる事ができます。

>>【完全無料】持ち家の評価額を調べる

タイトルとURLをコピーしました