新築の費用はいくら!?安くマイホームを建てる方法を知らないのは損!

新築の費用はいくら!?安くマイホームを建てる方法を知らないのは損!

家を建てようと思っても、どこから手を付ければいいのか分からない!

私(33歳)もそうでした。

  • 家を新築で建てる予算はどれくらい?
  • 他の人が家にかける費用の相場は?
  • どこの住宅メーカーがおすすめ?

などなど、人生で1度あるかないかの大きな買い物で悩みながらの動き出しでした。

そんな悩みだらけで、家づくりをスタートした私ですが、
ついに昨年、新築マイホームを建てる事ができました!

しかも注文住宅で2,000万円以下!

住宅ローンは組みましたが、頭金なしで月々の支払いも約6万円!

ここでは、私が月々6万円マイホーム建てた方法をまとめました。

家づくりを考えている人は、損しないために絶対やっておいてほしい事も紹介しますのでお付き合いください。

家づくりの最初で住宅展示場はいかない方がいい!

家づくりを考えて、多くの人は、住宅展示場に足を運ぶことを考えると思います。

私もそうでしたが、
はじめに行くのはおすすめできません^^;

住宅展示場をおすすめできない理由
  • 知識がないから眺めてメーカーの話を聞いて終わる。
  • 費用相場、デザイン・機能の予算感が分からない。
  • 分からないからゴリゴリ営業される。

事前に何も知識がないと、メーカーさんが言ってる事が理解できず、値段の話をされても

「あー、そうなんですね。。。他はどんなのがあります?」

機能やら値段の話を聞くだけになってしまいます。

またこっちが分からない事がわかると、ゴリゴリ営業してくる人もいるので疲れますw

見るだけであればいいですが、家の相談をするなら

  • 複数メーカーに理想の家の間取り・条件で見積りをもらう
  • もらった見積り・資料で費用を比較する
  • コストダウンできる所をチェック
  • 聞いてみたい事をまとめておくと尚良し

ぐらいの準備をしておくと、行った時間を無駄にすることがないとやってみて思いました!

家を建てる費用の比較は希望条件でする!

家を建てる費用の相場を、ネットの情報で確認・比較する人がいますが、実はあまり参考になりません^^;

というのも、ネットの情報は、今より1年以上前の相場なので、その相場をみて高いか安いかの判断は難しいんです。

建てるのは自分の理想の家」なので、あなたが希望する条件・間取りで費用比較をして相場を把握することが重要!

相場が高いから、もう少し考えよう」と諦めたけど、見積り依頼したそうでもなかったという人も多いみたいです!

家を損なく安く建てるなら絶対やっておくべき事!

ただ、費用比較をするためには、複数メーカーに連絡して見積もりをもらう。

資料請求も電話や資料請求ホームで、イチイチやらなければいけないので大変です。

私も何社かやりましたが、見積もりが有料だったり、資料だけみてもイメージがわかなかったりで大変でした。

そんな紆余曲折があり、私が見つけたのが「タウンライフ家づくり」です。

  • 複数メーカーから間取りプラン!
  • 注文住宅費用の見積もり!
  • 土地なしなら土地提案も!

ここまでの情報を完全無料でネットから依頼できる一括資料請求サービス!

希望条件を一度入力するだけで、複数社から「間取り」や「見積書」などをもらう事ができるので、時間や手間を掛けずに情報収集できました!

実際に私も利用しましたが、3分ほどで完了!

土地などが決まっていない場合は、「まだ決めてない」という項目を選べばOK!

あとは家で待ってれば、依頼した住宅メーカーから資料や間取りプランなど送られてきます。

PC・スマホで簡単3分で資料請求!
いますぐ
資料請求してみる

私の場合は、6社に依頼して1週間ほどで4社から資料をもらう事ができました!

こんな感じの資料がもらえます!

実際どんなものが届くんだろう?」と期待と不安でまっていた中で、いただいた資料がこちら!

※実際建てたメーカーとは別メーカーからもらった間取りです。

無料でここまでしてもらえちゃうのには驚きました!

その他の住宅メーカーも資料や間取りプラン・計画書などをもらう事ができました!

最初に届いた4社だけでも、間取りプランや設備の費用見積りあって、すごくイメージしやすく費用の比較もしやすかったです!

これを見ながら、奥さんと「キッチンてこのぐらいは必要?」「玄関はもう少し広いといいよね!

など資料に目を通しながら相談できて、なにより楽しかったです^^

資料をもらったからといって、打ち合わせをしなきゃダメ!って事もありませんでした!

実際に一括資料請求して分かったこと

いろいろな住宅メーカーの資料をみて分かったのは、同じ間取り・条件でもメーカーによって数百万円以上も費用がちがったこと!

比較していなかったら、数百万も損してたかも」と思うとゾッとします。

なぜこんなに費用に差が出るの?

と住宅メーカーの担当者さんに聞いたところ、材料の大量確保や広告宣伝費で人件費を削り、安い価格でも質を落とさない「ローコスト住宅」。

企業努力のおかげでコストダウンしたも理想の家を手に入れられるってことですね!

資料をもらうだけでもOK!さっそく
資料請求してみる

理想の間取りでいくらか把握!住宅展示場はそれから!

いろいろ間取りプランや資料を見ておけば、いきなり営業さんと話すのとは大違いです。

  1. 住宅展示場でメーカー側の話を「聞くだけ」にならない!
  2. いい話と思ったら考えよう
  3. 余計なオプションや「それいる?」と思うものに反応できる

まずは自分たちの中である程度「こういう感じ!」というイメージをもって、行くだけでも全然違うので、理想の条件でまずは複数メーカーを比較してみましょう。

24時間いつでも申し込み可能!
さっそく
資料請求してみる!

 

運営者情報

 

タイトルとURLをコピーしました